フリーエンジニアは、技術力を活かして開発サービスを提供することができる人材といえよう。さらにその働きをサポートするために、他のサービスを活用することもまた、技術者としての実力を発揮するために重要な取り組みである。
エンジニアがフリーとして働くことになった場合、大きな悩みとしてあるのは営業活動の必要性についてだ。技術者として実力を重ねてきた人が、独立して営業活動も行わなければならなくなると、本来の実力が妨げられることになりかねない。エージェントは、フリーエンジニアをサポートして、営業活動の支援を行う役割を果たす。

フリーのエンジニアとしての仕事探しでは、都市部では仕事の案件が獲得しやすい一方で、地方での営業活動は負担が大きい傾向にある。地域での需要の掘り起こしなども含めて、営業活動の負担が本来の技術開発の仕事を抑圧する結果になる。
地方のフリーのエンジニアが、都市部の技術者に匹敵するほどに仕事に打ち込むことができるよう、営業の負担についてはエージェントが代行して引き受けることができる。
地方の企業や自治体で、開発技術者が必要な現場をエージェントが発掘することにより、技術力を活かした仕事を行う事ができる。
地域格差をなくすという観点からも、地方のフリーエンジニアをサポートする営業代行サービスが果たす役割は大きい。営業支援のサポート役がいることで、地方でも働くことのできる選択肢を提供してくれる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です